関口和之の毛利

男性が恋い焦がれる外見なんていうジャンルがあるんですねぇ。
今まで、女性が恋い焦がれる外見、女性が亭主にしたい外見、なんていうのはいろんなところでよくジャンルされていたは思うのですが・・・。

何しろ男子も外見を気にする時代になったに関してなんでしょうか。
最近ではジェンダー父親なる陳述もあるようです。

さて、そんな嬉しいジャンル、誰がゼロ周辺なんだろうって思ってたら、とにかく木村拓哉氏でした。
ボクが興味のある男性は果して何周辺ぐらいなんだろうってその続きを見ていくと、極めて宜しい記録出されておるではありませんか・・・。
男性が確かめる男子といった私のびいきがどうにも迫る感じである意味ミステリアスでした。

二位は誠に福士さん、五周辺に向井氏、九周辺に竹ノ内氏でした。
斎藤工氏はいなかったんだけど、なぜだろう?キムタクがいて、工氏がいないってのは薄いんじゃないかって想うんだけど・・・。

さんざんあからさまに婀娜さをPRするのは抵抗があるんでしょうか?
そのあたりは幾らか男子と女房で目線が違うのかな。

実情がここにジャンルされてる顔立ちの者ばっかりだったら、って想像すると楽しくなってきました。

痛散湯
なるほど理ドラマのことを書こうとしていたんですが、未だに記録みれてません。
前夜確かに予約してあったので、撮れてるハズなんですが・・・。

理氏のことを書いてみたいって思ってたんですが、その前に、はっとした福士蒼汰君のCMがを見ちゃったので、そちらの方をちょこっと書いてみたいと思います。
前回のドラマから、過去のドラマを見て、今や果たして大マニアになってたのが、こちら数か月。

ボク、まさかのEnglishを研究しなおそうという考えにまでなったんです。
Englishって今まで苦手意識が強かったし、読めても、話せない、話せなくても日本にいる限りやっていけるだろう、ってタカをくくってたんですが。
蒼汰氏が、頑張ってる容姿とか、堂々とEnglishで言い出してる容姿を見ていると、お洒落なぁというのを通り越して、私もやってみたいって感じるようになったんですよね。

ただ、そんな根性も蒼汰氏が、TVに映らなくなってゆったり消えつつあって・・・。
私の周りにも単なる揺らぎがあったので、そういう根性忘れつつあったんです。

も、当日はからずもみたCMでまた蒼汰君が映っていて。
とうに、ドキドキする感じの思わせぶりなCMで、また指がぴんっと綺麗で・・・。

普段は食べないカップ麺必ず食べたくて仕方なくなってきました。
共にあぁ、私も何とかEnglish研究決めるって思うようになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です