湿布や塗り薬の塗布とテーピング

胡散臭いって気がついたのは、四十代ベース。
場は左側の指。乱調としては、左側指第最初関節の疼痛というむくみ、細かい事務がしにくい。浮腫はしもやけという、ぼうっとした空気。触ると関節がごつごつやる。
痛みんだり痛まなかったりやるが、きつい状況には少し当たっただけでも痛む。
関節痛の乱調が出ているのが指につき、ラフファッション何気ない活動や事務も痛む。曲げ伸ばしでは腫れぼったい違和感があり、心から曲げるといった痛む。ぶつけるといったさんざっぱら痛む。
関節痛の出ているのが指なので、毎日の何事にも困る。
効き手でないので依然として助かっているのかも知れないが、PCを打っている際やペーパーを折るポイントなど痛む時がある。
疼痛によって結構揺れがにぶくなっている職場の方が気になっている。
疼痛が激しく出ている時は、曲げると疼痛細かいものが掴みにくいので、拳固による事務がしにくく変わる。狭く切った野菜などの皮むきや、針仕事で小さいものを縫う際に、布を薄く持つ状況などに不都合を感じる。
整形外科に行ったが、老化現象とのことで治療方法はなしとのこと。
関節痛の分散としては、湿布や塗り薬の塗布とテーピング。塗り薬はスッとするので気持ちがいいが、ほとんど痛みラストの効果は感じなかった。
湿布は同じくスッとするので内面が激しく、被いの価値もしていただけるが、売り買いや水仕事をするにあたり不都合。
テーピングをすると指が曲がらないので疼痛は乏しい。当たるとしばらく痛む位なことと、直ちに売ることができるので、疼痛が激しいときの対処にはテーピングを通じて掛かる。

リョウシンJV錠

This entry was posted in 健康.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です